デリカ

デリカD5は良い車だなと思ってはいたのですが、しかし2・4リッターの四気筒エンジンが、どうにも迫力に欠ける気がしていたんです。

必要にして充分であるのは解るんですが、先代のスペースギアはV6、3リッターでしたから。

ところが、デリカD5にディーゼルエンジンが加わり、俄然魅力的になってきました。

低燃費であることは横に置いといて、走行性能的にも低速から力強いディーゼルエンジンは、オフロードやミニバン向きです。

デリカD5に積まれるのはクリーンディーゼル2.2リッター、148馬力 トルク36.7kg。

クリーンディーゼルと呼び、排気ガスがキレイになっている事を強調しています。

が、性能的にもかなりのものと思われます。

デリカD5の、ガソリン車とディーゼル車を比較する動画を見たんです。

その動画では、急な坂道での発進で比較していました。

ホント、土手の様な急勾配。

デリカのガソリン車は登るには登るのですが、のっそりのっそり。アクセル全開でようやく登った感じ。これはこれで凄いんですけど。

ディーゼル車は、アクセル少し踏んだら勢い良く登って行きました!

そのままジャンプするか?ってくらいです。

ガソリン車とディーゼル車の性能の違いが一目で解りました。

デリカD5クリーンディーゼルならば…炎のテキサスレンジャー、チャック・ノリスが凶悪犯を追跡するのにも使えそう。